青汁で置き換えダイエットをするのは良い?悪い?

ダイエットをするときより早く効果を実感するために断食をしたりする場合がありますが、こういった無理な食事制限は体への負担が大きく栄養失調になったり食べられないというストレスから心の病になったりする可能性があります。

結果を早く出したいがために無理なダイエットをして体や心を壊してしまっては意味がありません。ダイエットは早く結果を出すことよりも健康的に痩せることが大切なのです。

そこで注目されているのが1日の食事の一部を青汁に置き換えるダイエット方法です。

ここでは青汁置き換えダイエットのメリットとデメリットについてご紹介します。

青汁置き換えダイエットのメリット

健康的に痩せられる

青汁には野菜だけでなくビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。

1日の食事の一部を青汁に置き換えることで他の食事だけでは補いきれない栄養素を摂取することができるので、栄養不足になる心配がありません。

また青汁以外は普通の食事が食べられるのでで少し我慢すれば好きなものが食べられるので、精神的なストレスも少ないです。

そのため体も心も健康的に痩せることができます。

痩せる体をつくってくれる

青汁に多く含まれているビタミンB群と食物繊維はタンパク質や脂質、糖質の代謝を促して脂肪の蓄積を抑えたり腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

そのため不要なものを体に溜め込まず排出できるという『痩せる体』になるためのサポートをしてくれます。

青汁置き換えダイエットのデメリット

ダイエットの効果はすぐには出ない

断食などの極端なダイエット方法に比べると青汁置き換えダイエットの効果に即効性はありません。

これは青汁に限らずダイエットシェイクなど他の置き換えダイエットにも共通して言えることです。

継続することでゆっくりと結果が出るものなので、焦らずに信じて続けることが大切です。

②青汁に頼りすぎてはダメ

青汁=野菜というイメージがあるので、他の食事で野菜を摂取しなくてもいいと思いがちですがそうではありません。

青汁には緑黄色野菜は多く含まれていますが、レタスや玉ねぎといった淡色野菜はあまり含まれていないので他の食事でしっかりと摂取する必要があります。

青汁に頼りすぎず食事でも積極的に野菜をとるようにしましょう。

青汁は確かに多くの野菜を摂取できるものですが、それ自体はサラサラの液体なので正直お腹にはたまりません。

青汁に置き換えてから次の食事までに空腹は感じます。

他の健康食品なら固形物や流動食だったりするので青汁ほどの空腹感はありません。

空腹感を我慢できる方には青汁をオススメしますが、ダイエット中でも出来るだけ空腹感を感じたくない方には他の健康食品の方がお腹にたまるのでそちらをオススメします。